icon-15.png

避妊について

医療機関として対応できる避妊には、主に3つの種類があります。日常からのピル服用による方法から事後の緊急避妊ピル、さらに避妊リングはいずれも医療機関でのみ処方、処置ができる避妊法ですでに高い有効性が確認されています。

constracept-img01.jpg

低用量ピル

ピルには避妊効果のほかに利点(副効果)があり、最近は避妊目的よりも副効果を目的として服用される方が増えてきました。あなたのお悩みにあった種類のピルをお選びください。
ただし、ピルには肝機能障害、静脈血栓症、子宮頸ガンが増えるという報告があります。当院では副作用を早期発見するために、毎年1回の血液検査や子宮頚部ガン検診を組み合わせてピルを処方しています。

低用量ピルの種類と副効果

マーベロン

美肌効果、多毛の解消、ニキビの軽減効果があります。

トリキュラー

不正出血が少ないタイプです。

緊急避妊ピル

事後の緊急措置として処方するピルです。性交後72時間までであれば、避妊成功率は98%と高い有効性が証明されています。

なるべく早くに服用して頂いた方が効果は高いと言われていますので、できるだけ早くに受診し、処方を受けていただき服用してください。

(処方は外来診療時間内のみとなっております。通常、時間外の処方はしておりません。)

避妊リング

2種類の避妊リングがあります。有効期限を満了したら新しいものに入れ替えが必要です。

  • FD-1(3年間有効)

  • ノバT(5年間有効)