top of page
icon-16.png

お知らせ

RSウィルス、百日咳感染症から赤ちゃんを守りましょう(7月5日)

RSウイルスワクチンはじまりました。

生後間もない赤ちゃんが、RSウイルス・百日咳に感染すると、重篤化する危険性があります。

妊娠中にママがワクチンを接種することで、赤ちゃんに免疫ができます。

生後2か月までの一番危険な時期の赤ちゃんを、RSウイルス・百日咳感染症から守りましょう。

 

対象:当院で健診をしている26週から35週までの妊婦さん

費用:RSウイルスワクチン(アブリスボ)33000円

   百日咳ワクチン(トリビック)3300円

 

RSウイルスワクチンは、予約入荷制のため、お申し出いただいた次の妊婦健診時に接種します。

百日咳ワクチンは、当日接種できます。

RSウイルスワクチンと百日咳ワクチンの同時接種も可能です。

接種希望の方は、NST室もしくは診察室で御申し出ください。

תגובות


bottom of page